前髪ウィッグの活用法を伝授します!

シャンプー・ブラッシング方法

まずウィッグのシャンプーについては、基本的には、ウィッグ専用のシャンプーを使うことを推奨しているメーカーが多いですが、普段使いのものでもOKです!

» 詳細を確認する

保管の仕方

もう一つのウィッグを上手に使うコツには保管の仕方があります。 これはウィッグを使用後はブラッシングをした後、ウィッグスタンドにかけて保管することです。

» 詳細を確認する

初めての人の素朴な疑問

ウィッグを付け慣れていない人ですと、前髪ウィッグって何って思っている人も多いかもしれませんよね。そういった方に向けて、素朴な疑問について簡単にお答えしましょう。

» 詳細を確認する

基本の付け方は?

くせ毛に悩んでいたので前髪ウィッグを買ってみたのですが、普通のウィッグも使ったことがないため、付け方さえもクエスチョンという人はいませんか?

» 詳細を確認する

はじめに

まずウィッグのシャンプーについては、基本的には、ウィッグ専用のシャンプーを使うことを推奨しているメーカーが多いです。ウィッグのメーカーによっては専用のシャンプーを使いますが、普段使っているシャンプーやリンスを使ってウィッグを洗っても、ウィングの質が落ちないものもあります。


ウィッグには、合成繊維で作られた人工毛のウィッグ、人毛で作られたウィッグ、人工毛と人毛が両方使われているウィッグがありますが、メーカーサイドで指定がなければ、どのような素材で作られたウィッグであっても、普段自分の髪を洗っているシャンプーやリンスで洗うことは可能ともいわれています。

ウィッグのシャンプー方法

ブラッシングをして髪をほぐし、ホコリを落としてからシャンプーをするようにしましょうね。

最初に、ぬるま湯を入れた洗面ボールにシャンプーとリンスを入れましょう。

専用のシャンプーやリンスの場合には、取扱説明書に記載されている使用量に従うようにしてくださいね。

普段のシャンプーとリンスを使う場合ですと、それぞれ大さじ1杯程度の量を入れてるとよいでしょう。

これらの液を洗面ボールに入れて、よく混ぜて泡立ててからウィッグを入れ、軽く押し洗いします。


汚れがひどい場合だからといって、揉み洗いをしたり、シャンプー剤をつけた状態でブラシをかけたりしますと、毛が絡んでウィッグを痛めますから、必ず押し洗いをしてくださいね。


2~3回すすぎをした後にタオルにのせて、押さえるようにして水分を拭き取り、最後に室内で自然乾燥させます。


そして完全に乾いてからブラッシングをして形を整えるようにしましょう。

ウィッグのブラッシング方法

ウィッグをきれいに保つためのもう一つのコツはブラッシングです。特に装着前には、からみにくくする為に、ブラッシングはきちんとするようにしましょうね。 ストレートヘアのウィッグの場合でしたら、静電気のおきにくい金属で作られているウィング用のブラシを使ってブラッシングするようにします。 トップにボリュームのあるようなウィッグ、またお団子状のウィッグについては、髪の奥までブラシの先を通そうと無理はしないで、上から押さえるようにしながら髪をほぐすような感じでブラッシングしましょう。

カールのあるウィッグでしたら、ブラシをかけるとカールが伸びてしまいますから、ブラシを使わず、コームや細長いブラシの柄を使用して、絡んでいる部分だけほぐす状態のみにしておきましょう。


ブラッシングをする時には、ウィッグ用のスプレーを使うと、指通りが更によくなりますので、こちらも活用するようにしましょうね。